SEO・コンテンツキーワードの改善

日曜日 , 2, 1月 2022 Leave a comment

Googleウェブマスターツールの5つの指標を簡単に、そして効果的に、改善する内部対策のWordPressーSEOの手法について考えていきます。各種タグ、メニューの設定は関数やプラグインを活用するのでとてもかんたんにできます。

それぞれのウェブページのキーワード出現率を設定しましょう。コンテンツキーワードの改善で重要なポイントを考えるとき、出現率の分母となるオリジナルコンテンツのテキストの量といわれています。500文字以上はほしいところ。次にある出現率は

タグで囲まれた塊のテキストが、500文字以上あるウェブページの出現率と考えます。「『コンテンツキーワードの出現率』※目標キーワードは3つ:『A』『B』『C』、※目標キーワードの優先順位:1位『A』、2位『B』、3位『C』。・トップページA:5〜6%、B:3〜4%、C:2〜3%、・目標ページA,A:5〜6%、B:0〜2%、C:0〜2%、・目標ページB,B:5〜6%、A:0〜2%、C:0〜2%、・目標C、C:5〜6%、A:0〜2%、B:0〜2%」この場合、目標ページに紐づくサブページの方は、1%程度低い出現率で調整を行いましょう。

目標キーワードの出現率に加えて、目標ページに紐付くサブページの数によって、コンテンツキーワードの重要度を明確にして、Googleウェブマスターツールの改善を行っていきます。

次にWordPressーSEO「HTMLの改善」を考えます。HTMLの改善は、関数とプラグインを活用することで、簡単で効果的に行うことができます。

タイトルタグ~ですが、すべてのウェブページで異なるように関数を使って設定をしましょう。

Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。