ヒアリング向け資料も工夫次第

火曜日 , 2, 11月 2021 Leave a comment

Web制作のようなプロジェクトの依頼打診があった時、提案依頼書作成のためにも、両者会してのヒアリングが計画されるのが一般的です。

この場で確認したいことを提示し持ち帰って検討のうえ依頼提案書の作成にとりかかります。このヒアリング実施にあたり事前に内部資料をまとめておくのが良いとされています。

この資料にはヒアリングでも参考となるよう明確な分類分け、例えば重要点や推測と調査で判明した点など、をしておくとわかりやすいでしょう。色分けでもしておけば申し分ありません。

このような資料をベースにヒアリングを行えば後々にも生きてくる大事な資料となること請け合いです。

更にこのような資料は議事録ともなるので、必ずプロジェクト名(まだ決まっていなければ相手先社名とそれとわかるような内容)、記録者と日付を忘れず盛り込んでおきましょう。

Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です