PHPで曜日を日本語で表示しよう

土曜日 , 16, 5月 2020 Leave a comment

曜日を日本語で表示するのに便利なのは、変数の応用編「配列」となります。配列というのは、変数と似ています。ただ、変数は、その中に「1つ」の値しか代入することができないのですが、配列の場合は、1つの配列の中に、複数の値を代入することができます。大カッコで囲って、代入したい要素をカンマ区切りで指定していきます。この配列は、変数に似ているのですが、そのままでは使うことができません。「$week_name=[‘日’、’月’、’火’、’水’、’木’、’金’、’土’]; print($week_name)]」とすると、画面には「array」とだけ表示されます。また、警告も表示されることもあります。配列はそのままでは表示できないということで、文字列に変換したという警告です。変数名のあとに、ブラケットを続けて数字を指定します。こうすると画面には「月」と表示されます。配列は代入したときに左から順番に「0,1,2……」という管理番号を付け加えます。これをインデックスまたは添字といいます。インデックスを数字で指定してしまうと、あまり便利さがわからないといいます。配列の便利な点はインデックスを変数などで成業するとその場に応じて取り出される内容が変わるという点です。このしくみを利用したら、dateファンクションの「w」パラメーターが有効に活用できるそうです。配列はk,さまざまな場面で、利用できます。とても便利な要素なので、積極的に活用しましょう。配列のインデックスは最初の要素が0番目となります。dateファンクションの曜日も日曜日は0です。コンピューターは整数で扱うので、0が最初の数です。気をつけましょう。

Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です