Webアプリケーションとはどんなもの?

火曜日 , 26, 11月 2019 Leave a comment

Webアプリケーションとは、インターネットを通して利用することが出来るアプリケーションやサービスのことを指す広い言葉だそうで、代表的なものだとSNSなどがその1種だそうです。具体的には、witterやFacebook・Instagram・mixiなどを指すそうで、これらは友達などとコミュニケーションをとる事が出来るWeb上のサービスだそうです。このサービスには他にも色々な種類があるそうで、地域限定や趣味限定のものなど、多岐にわたるそうです。SNS以外にもWebアプリケーションに含まれるものがあるそうです。ブログがその内の1つだそうです。ブログと聞くと日記のようなものをイメージされるかもしれませんが、今では日記だけでなく、料理のレシピやニュースの解説・写真の掲載などにも活用されているそうです。また、Webアプリケーションの1つであるTwitterはミニブログ(マイクロブログ)というブログの一種に含まれるそうです。Twitterがミニブログと呼ばれている理由は、ブログは長い文章を投稿しコミュニケーションをはかるのに適しているそうなのですが、Twitterは140文字という短いつぶやきを投稿してコミュニケーションをはかるものだからだそうです。他にも、Web上で利用することが出来るGmailなどのWebメールやカレンダー機能などもWebアプリケーションの仲間になるのだそうです。

Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です