システムの仕上げ

土曜日 , 31, 8月 2019 Leave a comment

要らなくなったデータを削除するのは「削除機能」を作ったらよいそうです。URLパラメーターで対象となるIDを取得して、それを「DELETE」のSQLの「WHERE句」で使用するそうです。これを入れるとデータが削除されるそうです。「登録」「一覧」「編集」「削除」という4つの機能というのが、データベースを利用したシステムの基本的な仕組みだそうです。「Create」「Read」「Update」「Delete」という4つの頭文字をとって「CRUD」などと呼ぶそうです。一覧画面と登録画面を接続するのは、非常に簡単だそうです。単にリンクを張るだけだそうです。リンク先の最後にURLのパラメータとしてIDを指定するそうです。この内容をデータベースのidフィールドから出力するそうです。こうすることで各行のリンク先がそれぞれの編集画面・削除画面に接続されるそうです。そして「update_do.php」「deete.php」からも一覧画面へ戻るリンクを設置して完成するそうです。削除という動作は、間違えてしまうと元に戻せないそうです。そのため慎重におこなわなければならないそうです。そのためには、間違えてクリックしたとしても「本当に続けて良いですか?」という確認が出たらよいかと思います。これはPHPで作ることができるそうですが、かなり手間がかかってしまうそうです。この場合はJavaScriptで作るほうが良いそうです。JavaScriptの専門書などで勉強するのも良いかと思います。データベースというのは、文字情報や数字は管理できるということですが、基本的にはデータベースには文字情報しか入れられないそうです。

Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です