ページング

火曜日 , 9, 7月 2019 Leave a comment

商品の入力や一覧ができたら、一気に10件以上の情報を入力したくなるかと思います。そうしてどんどん情報を入力していくと、ページのほうもどんどん長くなってしまうかと思います。そうなるととても見づらいかと思います。そこで1ページに表示する情報を減らして、「次のページ」「前のページ」という具合にページを分けることができるそうです。これを「ページング処理」というそうです。間違えたデータを編集したりというのも必要かと思います。入力した情報が後から間違いに気づいたり、内容が変わったりすると編集するという作業が必要だと思います。編集画面というのは、入力画面の応用だそうです。ただし、入力した内容を保存するというところは入力画面に似ているそうですが、フォームを開いたときには、「現在の情報」が再現されている必要があるそうです。すべてのテキストフィールドに「value」属性を付加するそうです。こうしてテーブルの内容を出力するそうです。このとき「htmlspecialchars」ファンクションで内容を無害化するのを忘れないようにしなければならないそうです。URLパラメーターにIDを指定しておけば、自由にレコードを編集することができるそうです。しかし、IDを覚えなければならないそうです。最も便利といえるのは、一覧を見ながら編集したい内容を選ぶということで、マウス操作で編集できることだそうです。データを更新という作業ですがデータだけを更新するよりも上書きの方が効率よくなったりするそうです。上書きでもそれほど大きなデータ量ではないそうです。UPDATEは必ず「where句」で対象となるデータを指定する必要があるそうです。

Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です