クオーテーションの使い方

月曜日 , 22, 4月 2019 Leave a comment

PHPのプログラムをするにあたって、画面を文字に表示をするためには「echo」または「print」ファンクションを用いるとよいです。

その時に使われるのが「’(シングルクォーテーション)」と「”(ダブルクォーテーション)」です。

このふたつを使うにあたっての条件が、文章内にシングルクォーテーションまたはダブルクォーテーションの記号が含まれていないことです。

もし同じ記号を使ってしまった場合は、エラーが発生するため注意が必要です。

例えば、『I’m playing.』という文章だと、シングルクォーテーションの場合は「print(‘I’m playing.’);」となってしまい、どこでパラメータが終わっているのかわからなくなってしまいます。その場合であれば、ダブルクォーテーションを使うと「print(“I’m playing.”);」となり、エラーが起きなくなります。

このように先ほど記載した条件を満たしていれば、基本的には自由に使い分けができるのです。

Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です