PHP開発環境の構築(データベースのインストール)

木曜日 , 14, 6月 2018 Leave a comment

PHPの開発閑居を構築する上で、PHPのプログラムを記述し、PHPのプログラムが動作する環境を構築する
のであればデータベースのインストールは必要ありませんが、WebでPHPを使用したサイトですと、ほぼ
すべてデータ管理はデータベースで行っていますし、PHPでデータベースを操作する方法を覚えることも
オススメですのでデータベースのインストールを行ってください。

ここではMysqlというデータベースをインストールします。

まずLinuxにMySQL公式のyumリポジトリを追加します。
rootユーザーで以下のコマンドを入力してください。

# rpm -ivh http://dev.mysql.com/get/mysql57-community-release-el7-8.noarch.rpm

次にMySQLのインストールを行います。
rootユーザーで以下のコマンドを入力してください。

# yum install mysql-community-server

MySQLがインストールされているかどうかとインストールされたMySQLのバージョン確認を行います。
rootユーザーで以下のコマンドを入力して確認してください

# mysqld –version

上記のコマンド入力後、MySQLのバージョンが表示されたらインストールは成功です。

次にMySQLの、起動します
rootユーザーで以下のコマンドを入力して確認してください

# systemctl start mysqld.service

上記のコマンド入力後、MySQLが起動されればOKです。

また、Linuxシャットダウン&再起動時でもMySQL(のサービス)が自動起動されるように設定してください。
rootユーザーで以下のコマンドを入力して確認してください

systemctl enable mysqld.service

Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です