データ型を変換する一型キャスト構文

月曜日 , 5, 3月 2018 Leave a comment

PHPはデータ型に比較的寛容芯言語です。データの中身かう自動的に判断し、適切な入れ物(型)を割り当ててくれるのが、PHPのよいところです。しかし、PHPの寛容さだけに頼っていうれない場面もあります。例えば、以下のような値比較のケースです。

if ($i === $defs[‘age’]) { print(‘ selected’); }

カウンタ変数事lは数値、連想配列 $defs[‘age’] は文字列です。[===]演算子は値そのものだけでなく、データ型が一致しているかも判定しますので、(例えば)10と ’10’ は違うものとみなされてしまうのです。とのようなケースでは、型キャストというしくみを使って、データ型を明示的に変換する必要があります。

つまり、「変数$defs[‘age’]は整数(int)として扱ってね」とPHPに伝えているのです。これによって、変数$iと$defs[‘age’]は数値同士の比較となります。

  • 用途に応じて適切なフォーム要素を選択することで、入力生産性を向上できます。
  • HTML5では、テキストボックスの種類が増強され、数値/日付、色など、入力値の種類に応じて、さまざまな入力ボックスが用意されています。
  • あらかじめ決められた選択肢かう単一選択させたい場合にはラジオボタンか選択ボックスを、複数選択させたい場合にはチェックボックスかリストボックスを利用します。
  • 繰り返し構文と配列/連想、配列を組み合わせることで、たくさんの選択オプシヨンを持つフォーム要素もスマートに作成できます。
  • 値を比較する場合は、データ型を揃えておく必要があります。データ型を明示的に変換するには型キャストというしくみを使います。

Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です