WEB アプリの作成から実行、公開まで

金曜日 , 10, 11月 2017 Leave a comment

本書の冒頭では、サーバーのことを「どこか遠くのコンビュータ」と説明しましたが、実際にソフトウェアをインストールするのは、現在使用中の「自分のコンビュータ」です。つまり、Webアプリケーションを作成、実行するコンビュータと公開するコンビュータが違うということです。わかりやすいように、Webアプリケーションの作成から実行、そして公開までの流れを以下にまとめます。

この流れを簡単に言えば、Webアプリケーションを自分のコンビュータで作成、テス卜して、正常に動作することが確認できてから、不特定多数がアクセスできる外部サーバに配置するということです。したがって、Webアプリケーションを作成、テストする聞は基本的に、自分のコンヒ。ユータの中で、Webサーバーを起動して稼動状態にしておく必要があります。その手順は次のペジで説明します。Webアプリケーションの「公開」とは、それを誰でもアクセスできる「どこか遠くのサーバ一Jに置いて不特定多数に公開することです。

Webアプリケーションの「公開」とは、それを誰でもアクセスできる「どこか遠くのサーバ一」に置いて不特定多数に公開することです。

Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です