for 文の構文

火曜日 , 5, 9月 2017 Leave a comment

スクリプトの処理を進める際に、同じことを何度か繰り返して行うこともよくあ ります。もちろん、 PHP にも繰り返しを行う文があります。 まずは、 for文を使用した繰り返しから紹介しましょう。 for 文は、主に一定回数の繰り返しを行う場合に使用します。
for 文の構文

for 文の書き方はやや複雑な構文になっています。
まず、繰り返しに入る前に初期処理が行わ れます。そして、繰り返しの先頭で条件を判断 し、それが満たされている間は、繰り返す処理 の部分と、繰り返し終了時の処理が行われます。 一般には、繰り返し回数をカウントする変数 (カウンタ一変数)を用意して、その値によって 繰り返すかどうかを決めます。そこで、初期 処理の部分でカウンター変数の値を初期化し、 条件でカウンター変数の値を調べるようにしま す。また、操り返し終了時の処理の部分には、 カウンター変数の値を増やす(または減らす) 式を入れます。

Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です