ビューとパースベクティブ

ビューとパースベクティブ はコメントを受け付けていません。

ビューやパースベクテイブは、<ウインドウ>メニューから選択して呼び出しますが、このメニューにはすべてのビューやパースベクティブが表示されるわけではありません。よく使われるものだけが表示されるようになっています。これらはユーザが自分で表示するメニュー項目をカスタマイズすることができます。これらは先にPDTの設定の際に使っていますが、改めてまとめておきましょう。

多用するビューをメニューに登録する

<ウインドウ><ビユーの表示>メニューにはよく使われるビューがサブメニューとして表示されていますが、この表示は変更することができます。<ウインドウ><パースベクティブのカスタマイズ>メニューを選び、「パースベクティブのカスタマイズ」ウインドウを呼び出します。そして、「ショートカット」タブを選択し、サブメニューから「ビューの表示」を選びます。左側にあるショートカット・カテゴリーにカテゴリ名の一覧が表示され、ここからカテゴリを選ぶとそこに用意されているビ、ユーの一覧が右側のショートカットに表示されるようになります。ここで、表示したいビューのチェックをONにしてウインドウを閉じれば、

多用するパースベクティフをメニューに登録する

<ウインドウ><パースベクティブを聞く>メニューには多用されるパースベクテイブがサブメニューとして表示されます。これも変更できます。<ウインドウ><パースベクティブのカスタマイズ>メニューを選び、「パースベクティブのカスタマイズ」ウインドウを呼び出します。そして、「ショー卜カットタブを選択し、サブメニューから「パースベクティブを開く」を選びます。

ショートカットの欄に、利用可能なパースベクテイブが一覧表示されますので、ここから使いたいもののチェックをONにすれば、それがサブメニューに表示されるようになります。これはユーザが独自に作成したパースベクテイブも選ぶことができます。